まおさんday's

舞台熱復活の始まりは浜尾京介。 舞台関連過多の、つぶやき、妄想ブログです。かなり偏ってますので合わないと思われる方は、はいまわれ右!

テコンドー魂~Rebirth

日舞台挨拶に行ってきました。
チケ取りの日と同じく大雪(^^;)←誰だよ、雪男(笑)

雨男が数人いたようなので致し方なし?みたいな(笑)
(浜尾さんを筆頭に、りょりょさん、監督もかい!)
主役は氷のエンペラーでしたしね。ええ。


まさかの地元ローカル運休か!という事態にビビりましたが、何とか動いてよかった(^^;)

そんな流れで、結構半端な時間から並んでたわけですが。
シネマロサは、スタッフさんの対応が素晴らしくよいので、本当に助かりました。
いい人ばっかりだ。

・・・・・物販はちょっと微妙な雰囲気だったけどね(^^;)


イベント関係の方とちょっとお話しする機会があり、つい「どなたか雪男がいやしませんか?」って聞いてしまいまして。
いや申し訳ない(^^;)*1


さてさて、一回目はまず映画を見てからの舞台挨拶。
テコンドーを軸に、家族の話、恋の話、ファンタジーにアクション。
いろいろありましたが、一言でいうなら、「東映らしい」映画でした。

まあ、突っ込みどころは満載です(笑)


浜尾さんの役どころは、主要メンバーの中で唯一恋愛がらみ・・・・というか、これは中坊レベルでは?アワアワ(@_@;)まあ、仄かですよ。仄か~な恋みたいな?

石場さんのきりっとしたところと、体育系男子のちょっと頭も筋肉?みたいなところ。
先輩の応援に来た時の女子力が半端ないところ。←それはどうなの?

合コンは気になるけどレポートもやらなきゃなところ。←真面目か!って突っ込まれてましたが(笑)

得物を使う相手とのアクションシーン。

ハンドルを握るシーン。

どれも石場さんなんだなあ・・・・と。

浜尾さんの違った色を見せてもらった気がしました。



そうそう。
りょりょさんのチンピラは、本当にお見事でした。
やさぐれているのに、何か違うあの感じ。

終盤、極道のほうの兄貴の「お前の目は俺らとは違う」って台詞はぐっときました。
新平さんの行く末を、兄いなりに心配していてくれたんだなって。
極道だけど、ちゃんと下のもんに目を配っているんだなって。
・・・・・でも筋の人なんですけどね(^^;)


もっとストーリーについて掘り下げてみたいんですが、なんせ公開したばっかりの映画ですからね。
ここでネタバレしても誰も困らないでしょうけどさ(笑)
自分的には、あと一回は最低観る予定なので、それからにしようと思う次第です。


で、舞台挨拶ですが。シネマロサの舞台が小ぶりなせいか、MCさんを含め8人が並ぶといっぱい。
浜尾さんの顔色がまあまあ良くてほっとして、ばばりょさんの足が細いのに(@_@;)。

そう。初生ばばりょさんだったんですが、ほんとにほっそい。
浜尾さんで見慣れてる・・・・と思っていましたけど、それにしても細い。←もういい!
そしてなんだろう・・・・・おばちゃんパーマっぽいうをい!

まあ、ビジュアル系の人のようでした。(ということにしておこう。)

会話の中ではネタを振られたり、オチを振られたり、ポジションがそんな感じでしたが、キャラが確立しないまま終わってしまったのでちょっと残念でした。←何を見に行ってるんだ;

トーク内容はほかの方の詳しいレポをご覧ください。

浜尾さんが「星蘭ちゃんをギュってしたい(>▽<)」ってつぶやくもんだから、りょりょさんが「星蘭ちゃん、逃げて‼」と(笑)
挙句ご当人から「意味が分からない」とバッサリ切られるという(^^;)

・・・・浜尾さん。扱いがロクちゃんと一緒ってのは対女優さんにはどうなの?ぷぷぷぷ。
ブログのご報告で、ハグさせてもらったみたいですけどね(笑)
もう、可愛い~💛ってアピールしてるあなたが可愛かったわ‼ってことで。


2回目は上映前なので基本ネタバレ禁止トーク。
のはずが、まさかの監督オチ(笑)

小池さんのばっさりトークで井上さんが浜尾さんに泣きつくとか、りょりょさんの"鼻の芝居"のオチを星蘭ちゃんがかっさらうとか、まあ笑いのポイントも多めの楽しいトークでした。

また思い出したら追記します。


テコンドー魂。結構好きなタイプの映画です。
これからご覧になる方、ぜひ楽しまれてください。

ではまた。

*1:お茶までいただきさらに申し訳ない;