まおさんday's

舞台熱復活の始まりは浜尾京介。 舞台関連過多の、つぶやき、妄想ブログです。かなり偏ってますので合わないと思われる方は、はいまわれ右!

逆だけど。浜尾さんだけど。

似ている気がする

タクミくんシリーズの虹色を見返していてふと思ったことが。

ギイと二人で図書室で本を読むシーン。
同じ本を二人で覗き込んで微笑みあう。
そのシーンを見て、漆黒の堺とのシーンが浮かびました。

タクミくんと柊介。
柔らかい微笑みが似ているんだ~って。

もちろんどちらも浜尾さんが演じているのだから、そう感じてもいいのかもしれないけれど、私の中では"葉山託生"という人と"司馬柊介"という人は全くの別人なので(笑)。

感覚として、「似ている」ということがとても新鮮でした。


だってさ。
浜尾さんの演じてきた人たちって、あまりキャラの似ている人がいないじゃないですか。

そんなな中で、託生君と柊介って、またずいぶん離れたところにいる二人に、共通点があったのを見つけた気がして、ちょっとドキドキしてしまいました。

浜尾京介
なかなかやるじゃないか。んふふふふ。

どっぷり(^^;)

白銀ノ章を見返しています。
何度も何度も、観ているはずなのに、見入ってしまうのはなんでだろう(^^;)

あの日のあの空間で確かに、柊介が、颯真が、生きていたのを思い返すのです。

柊介の涙。
颯真の汗。

晴海ちゃんの"痛い"という心情の出た表情。*1

メサイア、好きだわ。 ← 知ってるって。


ではまた。

*1:サクラとは?と問いかけられたときね。